海外ドラマ【マクガイバー】キャストと実力派声優の吹き替えも魅力!

MACGYVER/マクガイバー アーミーナイフは銃より強い?!

みなさんは海外ドラマのMACGYVER/マクガイバーをご存知でしょうか?
私は海外ドラマ好きで色々見るのですが、個人的に1番気に入っているのがMACGYVER/マクガイバーです。
題名にもなっている主人公のアンガス・マクガイバー(通称:マック)は政府の秘密組織のエージェントです。
エージェントといえば華麗な身のこなしで敵を制圧し、射撃の腕も一流というキャラクターが多いですがマックは他のエージェントとはちょっと違います。
どこが違うかというと彼は銃が嫌いで使いません。
ではどうやって戦うのでしょうか?
マックは持ち前の天才的な頭脳とその場にある日用品などを利用して、間に合わせで何でも作ってしまいます。そして間に合わせで作るために必要な工具が祖父から貰った大事なアーミーナイフです。
数々の難事件を持ち前の頭脳とアーミーナイフを武器に解決していく痛快エンターテインメントです。

主要登場人物(キャスト)

アンガス・マクガイバー(ルーカス・ティル/声:宮野真守)

表向きは研究機関に勤務していることになっているが、実は政府の秘密組織のエージェントで難事件が発生するとただちに現地へ急行する。
科学的知識は並外れていて、且つ軍で爆発物処理班にいたこともあり多彩な才能を持っている。
銃は使用せず代わりに常にもっているアーミーナイフと現場にある有り合わせの材料で何でも作って臨機応変に対応するのが得意で『ぶっつけ本番』が信条。

ジャック・ダルトン(ジョージ・イーズ声:土田大)

マックと行動を共にする相棒のエージェント。かつて対テロ作戦を遂行する米陸軍特殊部隊デルタフォースに在籍していた。そのためマックとは対照的に銃撃戦には慣れており、チームの中では用心棒的な存在として頼られている。
マックとはこれまで何度も一緒にピンチを乗り越えてきた戦友であり、互いに四六時中軽口を叩き合っている。
マックにとっては兄貴のような父親代わりのような家族といっても良い信頼関係を築いている。

ライリー・デイヴィス(トリスティン・メイズ声:永宝千晶)

政府機関に侵入できるほどの天才ハッカー。
違法ハッキングで服役していたが過去に母親がジャックと交際していたことがあり、ジャックの紹介でマックのチームに引き抜かれIT分析官としてチームに加わることになる。
見た目は小柄でか弱く見えるがマックやジャックとともに現場に出て戦うタフな面もある。

ウィルト・ボーザー(ジャスティン・ハイアーズ声:安田裕)

マックの幼なじみの友人であり、当初はマックがエージェントであることは知らなかったがとある事件に巻き込まれて真相を知ることになる。
事実を知った後、騙されていたと思う気持ちと葛藤していたがボーザーもチームの一員に加わることを決意する。
もともと趣味で映画製作をしていて特殊メークの技術があり、当初は作戦に使用するフェイスマスクを作成するなど裏方を務めていたが、後にエージェント訓練学校にて厳しい課題がいくつも与えられたが見事に合格した。

見どころポイント マックとジャックの掛け合いが絶妙!

見どころはなんと言ってもマックとジャックの息のあったコンビでの活躍です。
普段はお互いのことをからかったりしています。
しかしいざピンチになった時は自分の命をかけてでも相手を守るぐらい互いに信頼し合っています。
奇想天外な発想でその場にある何の変哲もない材料から、超ハイテク機器顔負けのアイテムを作り出すマックをジャックが命がけで守りながら、絶対絶命のピンチから脱出するのはめっちゃ楽しいです。

吹き替えで見るのがおすすめです!

海外ドラマを見るときに字幕か吹き替えかで意見が分かれますが、私は断然吹き替えをおすすめします!
理由は目で字を追って理解するよりも声で聴く方が臨場感が伝わりやすいからです。
もちろんに臨場感を伝えるためには声を担当する声優さんの実力に左右されますで、マクガイバーの声に関しては文句の付け所が全くありません。
個性豊かなキャストそれぞれにぴったりな声優さんが担当されています。
例えば主役のマックですが実際にもイケメンな宮野真守さんが担当されています。
もちろんイケメンなだけではなく声の演技も抜群で日本語で聞いていてもマックの声は
本当にこの声だと思えてきます。
他のキャストも個性に合った声の魅力で作品をより楽しませてくれます。

まとめ

この作品はもともと1985年に制作された『冒険野郎マクガイバー』のリブート版です。
本家のマクガイバーも銃は使わず、アーミーナイフと知恵を自身のフル活用して事件を解決していたが、MACGYVER/マクガイバーにもその精神は受け継がれています。
ダクトテープや家庭用調味料や洗剤などを利用して時には壁を爆破したり、時には敵の目をくらましたりと多彩な方法でピンチを切り抜けます。
ただ単に敵をやっつけるのではなく、工夫を凝らしてピンチを切り抜けるシーンは「ホントかよ!」とツッコミつつも楽しめます。
またマックを囲む仲間たちとの絆も描かれていてドラマに引き込まれます。
他とは一風変わった痛快アクション作品になっています。
気になる方はぜひ見てみてください。

マクガイバーはU-NEXTでも配信されています。



タイトルとURLをコピーしました